【Oracleのデータ復旧】ORA-600[4511]エラ解析

プロのOracle Databaseの復旧サービスを提供
携帯番号: +86 13764045638 メール:service@parnassusdata.com

 

 

 

ORA-00600[4511]エラを引き起こす条件はORACLEがある行ロックを検証するときに、そのロックが運用されていないと、エラになる。あるいはデータブロックに4095以上の行を格納したときに、エラになる。一般的に、32kbのブロックを使った場合に限って、これだけの行を格納できる。この場合に対して、workaroundでpctfreeをより高い数値に設定することによって、ブロックにあるデータ行数を制約できる。

ORA-00600[4511]エラはカーネルトランザクションによって処理される。このエラはプロセスを失敗させるあるブロックを壊せる。

 

ユーザーどこのテーブルにORA-00600[4511]エラを引き起こすトラブルデータブロックがあることを知っていたら、トラブルを検出するために、ANALYZE TABLE <テーブル名> VALIDATE STRUCTURE CASCADE;を実行してください。DBVツールでテーブルを含むデータファイルをスキャンしてもいい。

これもConsistent Readの一致性によるトラブルかもしれない。では、lter system flush buffer_cacheを実行することあるいはインスタンスを再起動することもこのトラブルを避けられる。

 

ORA-00600[4511]に関連するBUG 情報:

9724970 11.2.0.1.BP08, 11.2.0.2.2, 11.2.0.2.BP02, 11.2.0.3, 12.1.0.1 Block Corruption with PDML UPDATE. ORA_600 [4511] OERI[kdblkcheckerror] by block check

4000840 9.2.0.7, 10.1.0.4, 10.2.0.1 Update of a row with more than 255 columns can cause block corruption

 

关注刘相兵的新浪微博

扫码加入微信Oracle小密圈,了解Oracle最新技术下载分享资源

Speak Your Mind

沪公网安备 31010802001379号

TEL/電話+86 13764045638
Email service@parnassusdata.com
QQ 47079569