【Oracleデータリカバリ】ORA-00600[4000]エラ解析

プロのOracle Databaseの復旧サービスを提供
携帯番号: +86 13764045638 メール:service@parnassusdata.com

ORA-00600[4000]はOracle カーネルトランザクションのundoモジュールエラ情報の内部的なエラ情報である。一般的にはORA-00600[4000]エラは一つのargumentをつきそっている。そのarg[a]はUndo segment number USNと示している。

古いバーションにはテーブルスペースでインポートして、それにインポートしたテーブルはDMLがあるときに、BUGによってエラになる。エラになった場合に、ファイル1371820.8を参考してください。

9iあとのバーションにはORA-00600[4000]エラになったら、一般的にその原因は電源が切れたあるいはトラブルによるOracleのundo segmentをこわれた。インスタンスをまともに示していないまま、データをオープンするときに現れる。

以下はORA-00600[4000]のBUG リスト:

 

NB Bug Fixed Description
16761566 11.2.0.4, 12.1.0.2, 12.2.0.0 Instance fails to start with ORA-600 [4000] [usn#]
13910190 11.2.0.3.BP15, 11.2.0.4, 12.1.0.1 ORA-600 [4000] from plugged in tablespace in Exadata
14741727 11.2.0.2.9, 11.2.0.2.BP19, 11.2.0.3.BP12, 11.2.0.3.BP13, 12.1.0.1 Fixes for bug 12326708 and 14624146 can cause problems – backout fix
+ 10425010 11.2.0.3, 12.1.0.1 Stale data blocks may be returned by Exadata FlashCache
* 9145541 11.1.0.7.4, 11.2.0.1.2, 11.2.0.2, 12.1.0.1 OERI[25027]/OERI[4097]/OERI[4000]/ORA-1555 in plugged datafile after CREATE CONTROLFILE in 11g
12353983 ORA-600 [4000] with XA in RAC
7687856 11.2.0.1 ORA-600 [4000] from DML on transported ASSM tablespace
2917441 11.1.0.6 OERI [4000] during startup
3115733 9.2.0.5, 10.1.0.2 OERI[4000] / index corruption can occur during index coalesce
2959556 9.2.0.5, 10.1.0.2 STARTUP after an ORA-701 fails with OERI[4000]
1371820 8.1.7.4, 9.0.1.4, 9.2.0.1 OERI:4506 / OERI:4000 possible against transported tablespace
+ 434596 7.3.4.2, 8.0.3.0 ORA-600[4000] from altering storage of BOOTSTRAP$

 

ORA-00600[4000]をリカバリする方法はADJUST_SCNトランザクション、_MINIMUM_GIGA_SCNでSCNを修正する、ほかの隠しバラメタを使う、あるいはundo segment/ITL に対して人工的にBBEDで修正するなどの方法がある。

 

Bug 16761566 – INSTANCE FAILED TO START WITH ORA-600 [4000] [USN#]

SYSTEMスペーステーブルに対して実行してくださいexec dbms_space_admin.tablespace_fix_segment_extblks(‘SYSTEM’);の場合にはトラブルがあるかもしれない

 

 

ORA-01092: ORACLE instance terminated. Disconnection forcedORA-00704: bootstrap process failureORA-00600: internal error code, arguments: [4000], [170], [], [], [], [], [], [], [], [], [], []

 

だから、どんな場合にもSYSTEMテーブルスペースに実行しないでください。DBMS_SPACE_ADMIN.TABLESPACE_FIX_SEGMENT_EXTBLKS 。

このトラブルを修正するために、PITR point in time recovery を使ってください。バックアップがなければ、人工的にbootstrap$のsegment headerを修正するしかない。

 

关注刘相兵的新浪微博

扫码加入微信Oracle小密圈,了解Oracle最新技术下载分享资源

Speak Your Mind

沪公网安备 31010802001379号

TEL/電話+86 13764045638
Email service@parnassusdata.com
QQ 47079569