MySQL: どうやってmyisam-recover-optionsオプションを使うでしょう?; myisamrecover

この記事で
ターゲット
修理
リファレンス

適用範囲:
MySQLサーバ – バージョン4.0以上
この資料の情報は、すべてのプラットフォームに適用されます。

目標

MySQLのmyisamrecoveroptionsオプションを学んで、サーバを起動するときのシャットダウンの場合にどうやって自動的なリカバリを起動することを把握できる。

myisam‐recover‐options MySQL 5.1とより早いバーションでmysqlrecoverと呼んでいる。

 

リカバリ

myisam‐recover‐optionsオプションは起動MySQLを作成するときのMyISAM自動リカバリである。myisam‐recover‐optionsオプションが以下の数値を使える:

  • DEFAULT: バックアップなしに強制的に手早くテストしてリカバリできる。
  • BACKUP: データファイルがリカバリするときに変更されたら、MYD ファイルのバックアップをtbl_name‐datetime.BAKと格納してください
  • FORCE: .MYD ファイルが一行以上のデータをなくしたとしてもリカバリを実行する。
  • QUICK: どんなdeleteブロックもなければ行をテストしない。

 

myisam‐recover‐options には値の組合も適用できる。例えば、データファイルがリカバリするときに変更されたら、たとえ例如果数据文件在恢复时被更改,即使创建备份时丢失了多于一行,FORCE,BACKUP 结合恢复的使用。

myisam‐recover‐optionsのQUICKとDEFAULT値はどんなデータを削除しないから、二つの安全なオプションである。自動リカバリにも適応している。DEFAULTとFORCEの違いはたとえFORCEが前に完成した文からすべての行を見つけ出せないとしても、リカバリを続けられるから、 FORCEとBACKUPを組み合って、MyISAMデータファイルを変更する前にバックアップを作成してください。

 

myisam‐recover‐options オプションでDEFAULT を使うとはいい策と思っているが、失敗した場合に、そのエラがこのあとよく現れてデータをなくすリストを納得できるなら、人工的にリカバリして、myisamrecover=FORCE,BACKUPを使ってください。

 

人工的なリカバリを実行する前にテーブルバックアップを作成してください。

 

Myisamchkを使えば, myisamchk时没有其他程序在使用表。を運用しているときにほかのプログラムがテーブルを使っていないことを確保してください。

Comment

*

沪ICP备14014813号

沪公网安备 31010802001379号