ORACLEがデータベースを強制的に起動するときに、ORA-00704 ORA-00604 ORA-01555エラになった

ORACLEデータベース によくあるエラ の解決策

プロのOracle Databaseの復旧サービスを提供
携帯番号: +86 13764045638 メール:service@parnassusdata.com

 

適用範囲

Oracleエンタプライズバーションデータベース、10.2.0.4あるいはより高いバーション

 

症状

 

alter database open resetlogs、以下のようなエラが現れた:

 

ORA-00704: bootstrap process failure

ORA-00704: bootstrap process failure

ORA-00604: error occurred at recursive SQL level 1

ORA-01555: snapshot too old: rollback segment number 11 with name “_SYSSMU11$” too small

Tue Jan 17 04:46:17 2012

Error 704 happened during db open, shutting down database

USER: terminating instance due to error 704

Instance terminated by USER, pid = 5496

ORA-1092 signalled during: ALTER DATABASE OPEN RESETLOGS…

 

変化

データベースを強制的に起動する

 

原因

データベースを強制的に起動したあるいはデータファイルが同期していない。ファイルに一部のブロックのSCNが既存するSCNより大きいである。

 

解决策

もし、Ora-1555エラについて、使用可能なトレースファイルがなければ、以下のような方法で、0ra-704とora-1555エラのトレースファイルを収集してください:

SQL>Startup mount ;

SQL>alter session set tracefile_identifier=new1555 ;

SQL>alter database open resetlogs ;

これでORA-1092エラになる。アラームログには、1555エラ情報が現れる。

それをディレクトリにudump/traceしてください:ls –lrt *new1555*

 

ロールバックセグメント名とアラームログにエラ情報を探し出す:

ORA-01555: snapshot too old: rollback segment number 11 with name “_SYSSMU11$” too small

ここのロールバックセグメント番号は11で、十六進数に変更する–> b

 

トレースファイルのテーブルあるいはインディクスのブロックヘッダダンプ情報のITLでどのトランザクションが11番号undoセグメントを使っているか探し出す。以上のブロックのblock header dumpを探し出す。

 

 

Search the trace file from Table or index block header dump whose transaction layer has an undo segment 11

been used in the ITL.Scroll up to get the Buffer header dump of that block

 

BH (0xacff8e48) file#: 1 rdba: 0x0040003e (1/62) class: 1 ba: 0xacf66000

set: 3 blksize: 8192 bsi: 0 set-flg: 2 pwbcnt: 0

dbwrid: 0 obj: 18 objn: 18 tsn: 0 afn: 1

hash: [d0e04c98,d0e04c98] lru: [acff8fd8,acff8db8]

ckptq: [NULL] fileq: [NULL] objq: [cc9a3d00,cc9a3d00]

use: [ce699910,ce699910] wait: [NULL]

st: CR md: EXCL tch: 0

cr: [scn: 0x0.4124e1e],[xid: 0x6.0.c28d],[uba: 0x820075.ea1.23],[cls: 0x0.46b5261],[sfl: 0x1]

flags:

Using State Objects

—————————————-

SO: 0xce6998d0, type: 24, owner: 0xd04439e8, flag: INIT/-/-/0x00

(buffer) (CR) PR: 0xd02fa378 FLG: 0x500000

class bit: (nil)

kcbbfbp: [BH: 0xacff8e48, LINK: 0xce699910]

where: kdswh02: kdsgrp, why: 0

buffer tsn: 0 rdba: 0x0040003e (1/62)

scn: 0x0000.046b527a seq: 0x00 flg: 0x00 tail: 0x527a0600

frmt: 0x02 chkval: 0x0000 type: 0x06=trans data

Hex dump of block: st=0, typ_found=1

Dump of memory from 0x00000000ACF66000 to 0x00000000ACF68000

0ACF67FF0 FFFF02C1 01FF8001 02C10280 527A0600 […………..zR]

.

.

.

Block header dump: 0x0040003e

Object id on Block? Y

seg/obj: 0x12 csc: 0x00.46b519e itc: 1 flg: – typ: 1 – DATA

fsl: 0 fnx: 0x0 ver: 0x01

Itl Xid Uba Flag Lck Scn/Fsc

0x01 0x000b.00b.00000e7a 0x00802042.00db.1a C— 0 scn 0x0000.04624228

 

 

So here we see ITL allocated is 0x01.

Transaction identifier –> <undo no>.<slot>.<wrap> —> 0x000b.00b.00000e7a

Undoセグメント番号 —> 0x000b –>十進数なら 11。

This block belong to 0x0040003e –(1/62)

Find the SCN of this block from the BH(Buffer header) for 0x0040003e –(1/62)

So in this case its the one highlighted above in trace scn: 0x0000.046b527a

上のSCNで_mimimum_giga_scnの数値を設定する

scn: 0x0000.046b527a

Convert 0x0000 –> Decimal –> 0

Convert 046b527a –> Decimal –>74142330

Convert –> 074142330 /1024/1024/1024 =0.069050

Add + 2G to the above value and round it up

_minimum_giga_scn = 3G

Pfileにこのバラメタを設定して、以下のステップを実行してください:

SQL>Startup mount pfile=<> ;

SQL>recover database using backup controlfile until cancel ;

Cancel

SQL>Alter database open resetlogs ;

 

データベースを強制的に起動できた。エクスポートして、データベースを再構造して、データをインポートしてください。

 

Comment

*

沪ICP备14014813号

沪公网安备 31010802001379号