Oracle ハードウェアエラのせいで、データベースがORA-00202とORA-27086エラになったことを解決する

ORACLEデータベース によくあるエラ の解決策

プロのOracle Databaseの復旧サービスを提供
携帯番号: +86 13764045638 メール:service@parnassusdata.com

 

 

適用範囲

Oracleデータベース –エンタプライズバーション- 10.2.0.1から11.2.0.3まで [Release 10.2 to 11.2]
UNIXシステムにしか使えない

症状

起動が失敗した。アラームログでORA-00202とORA-27086エラが現れた

Mon Jun 24 22:21:45 2013
ORA-00202: control file: ‘/u01/oradata/MCSOJMS/Control/control01.ctl’
ORA-27086: unable to lock file – already in use
SVR4 Error: 11: Resource temporarily unavailable
Additional information: 8
Additional information: 26585
Mon Jun 24 22:21:48 2013
ORA-205 signalled during: alter database mount

Tue Jun 25 03:21:27 2013
Errors in file /app/oracle/admin/MCSOJMS/bdump/mcsojms_dbw0_10983.trc:
ORA-01157: cannot identify/lock data file 204 – see DBWR trace file
ORA-01110: data file 204: ‘/u03/oradata/MCSOJMS/jms_tmp_03.dbf’
ORA-27086: unable to lock file – already in use
SVR4 Error: 11: Resource temporarily unavailable
Additional information: 8
Additional information: 26551

変更

ハードウェアトラブルのせいでサーバがシャットダウンした

原因

ハードウェアトラブルのせいで、サーバがクロスされた。すべてのインスタンスもシャットダウンして、制御ファイルとデータファイルを解放できなくなった。

ファイルシステムは無傷だが、インスタンスが起動できなくなった。

解决策

1.データベースをnomount状態に起動する。Spfileで起動した場合にpfileファイルを作成してください

create pfile='<patch>’ from spfile;

  1. 制御ファイルを新たなパスにコピして、データベースをmountする。エラ情報が一致していなければ、ステップ3に実行してください。
  2. もし制御ファイルが一致していなければ、制御ファイルのインメージを作成する

4.新たなアーカイブログを作成して、フラッシュバックログをに古いアーカイブログファイルをコピする。

5.初始化バラメタを編集し、init.oraを正確なパス情報を修正してください。

  1. データファイル、一時ファイル及び制御ファイルを新たなパスにコピする

7.mountの状態で、ファイルをリネームして(データファイル、一時ファイル、制御ファイル)制御ファイルをアップグレードする

alter database rename file <old file location> to <new location>;

 

Comment

*

沪ICP备14014813号

沪公网安备 31010802001379号