Oracle ORA-1122, ORA-1110, ORA-120Xを解決する

ORACLEデータベース によくあるエラ の解決策

プロのOracle Databaseの復旧サービスを提供
携帯番号: +86 13764045638 メール:service@parnassusdata.com

 

 

Oracle ORA-1122, ORA-1110, ORA-120Xを解決する

適用範囲:

oracle データベース-エンタプライズバーション-9.0.1.0あるいはより高いバーション。

 

症状:

以下のようなエラが報告される:

ORA-01122:“データファイル %s 検証失敗”

原因:このファイルの情報と制御ファイルの情報と一致していない。該当する原因を確認してください。

解决:データベースのデータファイルと制御ファイルの正確を保障してください。

ORA-01110:“データファイル %s:’%s”

原因:ほかのエラの詳しい情報のファイル名を報告する

解決:関連するエラ情報を確認する
ORA-01201:“ファイルヘッダが記録したファイルの大きさ%sと制御ファイルが記録したファイル大きさがマッチしていない”。

原因:コントロールファイルに記録したファイルの大きさとファイルヘッダに記録した大きさと一致していない。その中の一つの数値は誤った数値かもしれない。

解决:壊れたファイルを変更し、場合によってリカバリする。

 

ORA-01202:“このファイルの作成時間には問題がある。”

原因:ファイルヘッダに記録した作成時間と制御ファイルに記録した作成時間が一致していない。これは既に削除されたファイルコピかもしれない。

解决:ファイルのコピをリカバリして、場合によってリカバリする。

 

ORA-01203:“このファイルのシステム番号にトラブルがある(SCN)”

原因:ファイルヘッダに記録したファイルがSCNと制御ファイルに記録したファイルが作成したSCNと一致していない。

解决:ファイルのコピをリカバリして、場合によってリカバリする。

 

ORA-01204:“ファイル番号が誤った”

原因:このファイルのファイルヘッダが記録したファイル番号が違っている。これは同じデータベースの誤ったバックアップによるものである。

解决:ファイルのコピをリカバリして、場合によってリカバリする。

 

ORA-01205:“データファイルじゃない。ファイルヘッダにファイルタイプ番号%s”がある

原因:このファイルヘッダに記録したファイルタイプがデータファイルのタイプと異なっている。これはログファイルあるいは制御ファイルかもしれない。このタイプ番号は小さい非零正整数とはそのヘッダファイルが壊れたと意味している。

 

ORA-01206:“ファイルがそのデータベースに属していない、データベースIDが誤った”

原因:ファイルヘッダに記録したデータベースIDと制御ファイルに記録したデータベースIDとマッチしていない。このファイルがほかのデータベースから、あるいはもともとデータベースのファイルじゃないか。データベースが再構造すれば、これは再構造する前のファイルかもしれない。

 

ここで、v$datafileという動的なパフォーマンスビューに映したファイルの状態はofflineである。

 

原因

なぜデータファイルの情報と制御ファイルに記録した情報と違っている原因を探し出すために、以下のステップを実行してください:1. v$datafileの状態に注目し、どれらがオンラインか、どれらがオフラインか、確認してください。データベースが起動できなくなった場合に、データベースを起動して、mount状態で以下のような情報を確認してください。2.すべてのデータファイルのヘッダをダンプして。以下のようなコマンドを実行してください:

alter session set events ‘immediate trace name file_hdrs level 10’;

3.ダンプパースでトレースファイルを作成して、dbaユーザーでshow parameter user_sump_destによってパースを探し出せる。4. Oracle技術サポートに連絡して、解決策を求めてください。 5.こういうときに、このデータの重要性を元に、どういうステップを実行する必要があるか考えてください。例えば、どれのテーブルスペースデータファイルに属しているか?あるインディクスや一時的なテーブルスペースに属していれば、解決策がより簡単になる。

 

注意:以下のようなスペースを実行する前に、お客様に連絡し、その正確性を確認してください。

 

  1. ファイルの状態がオフラインの場合(offline):

ファイルの中のデータが必要とすれば、バックアップからファイルをリカバリしてください。データベースがクロスあるいはmountの状態なら、ファイルをリカバリするために、ファイルをオンラインに修正してください。

データベースがオープンの状態なら、リカバリするプロセスで、ファイルをオフラインに保持してください、リカバリできたら、オンラインに修正してください(online)。

  1. 壊れたファイルがオンラインと示している:

データベースが起動できなければ、ファイルをオフラインする。データベースを起動して、ステップ6を繰り返してください。

データベースが起動した上に、壊れたデータファイルが必要とされていないなら、ファイルをオフラインして、該当するテーブルスペースを削除してください。

 

解決策

以上のようなエラも、そのファイルヘッダが変更されたと示していて、Oracleが識別できなくなった。一般的に、原因は以下の通り:

ファイルが既にユーザーあるいはほかのアプリケーションのオペレーションシステムレベルによって変更された;

あるUNIXコマンド(例えばDD、CP、MV…)ファイルに利用する;

ファイルがバックアップからリカバリできた。(ほかのデータベースに属している);

多くの場合に、ファイルヘッダがリカバリできず、データファイルのバックアップで壊れたファイルをリカバリする。

Comment

*

沪ICP备14014813号

沪公网安备 31010802001379号