PRM DUL ORACLE 誤操作でDROPしたテーブルのリカバリ

D社のアプリ開發者がASMの環境で、なんのバックアップもないのに、システムの肝心なアプリテーブルをDROPした。そのときに、PRMですぐに大部分のデータをリカバリできる。10gのあと、recyclebinゴミ箱を追加した。まずはDBA_RECYCLEBINSビューを確認して、DROPしたテーブルがそこにあるか否かをたしかめる。もしそこにもなかったら、PRMでリカバリしてください。

 

 

リカバリの流れは以下の通り:

 

まずはDROPされたデータテーブルを含むテーブルスペースを見つけ出す。

ディクショナリーをけんさくして、あるいはLOGMINERでDROPされたデータテーブルのDATA_OBJECT_IDを見つけ出す。DATA_OBJECT_IDを得られない場合にはNON-DICTモードでPRMを起動する。DROPされたデータテーブルを含むテーブルスペースにすべてのフィルタを追加したら、SCAN DATABASE+SCAN TABLE from Extent MAP。

DATA_OBJECT_IDによって、データテーブルを見つけて、DataBridgeモードでもとのデータベースに伝送する。

 

SQL> select count(*) from “MACLEAN”.”TORDERDETAIL_HIS”; 

COUNT(*)

———-

984359

 

SQL>

SQL> create table maclean.TORDERDETAIL_HIS1 as select * from  maclean.TORDERDETAIL_HIS;

 

Table created.

 

SQL> drop table maclean.TORDERDETAIL_HIS;

 

Table dropped.

 

 

 

 

Logminerに通って、あるいはリカバリシーン9の方法で大抵なDATA_OBJECT_IDを得られる、LOGMINERを利用するスクリプトは以下の通り:

 

EXECUTE DBMS_LOGMNR.ADD_LOGFILE( LOGFILENAME => ‘/oracle/logs/log1.f’, OPTIONS => DBMS_LOGMNR.NEW); 

EXECUTE DBMS_LOGMNR.ADD_LOGFILE( LOGFILENAME => ‘/oracle/logs/log2.f’, OPTIONS => DBMS_LOGMNR.ADDFILE);

 

Execute DBMS_LOGMNR.START_LOGMNR(DBMS_LOGMNR.DICT_FROM_ONLINE_CATALOG+DBMS_LOGMNR.COMMITTED_DATA_ONLY);

 

SELECT * FROM V$LOGMNR_CONTENTS ;

 

EXECUTE DBMS_LOGMNR.END_LOGMNR;

 

たとえここでDATA_OBJECT_ID得られなくとも、データテーブルが多くない場合に人工的にリカバリしたいデータテーブルを見つけ出すことができる。

 

 

まずはDROPされたデータテーブルを含むテーブルスペースをOFFLINEする。

 

SQL> select tablespace_name from dba_segments where segment_name=’TPAYMENT’; 

TABLESPACE_NAME

——————————

USERS

 

SQL> select file_name from dba_data_files where tablespace_name=’USERS’;

 

FILE_NAME

—————————————————————-

+DATA1/parnassus/datafile/users.263.843694795

 

SQL> alter tablespace users offline;

 

Tablespace altered.

 

PRMを起動して、NON-DICTモードに入って、該当するデータフィルタを追加し、SCAN DATABASE+SCAN TABLE From Extentsを選んでください。

 

PRM-DUL-DUL73

 

PRM-DUL-DUL74

 

ASM DiskgroupにあるすべてのASM Disks追加したら、ASM analyzeをクリックしてください。

 

PRM-DUL-DUL75

 

非ディクショナリーモードなので、必要な文字セットを入力してください。

PRM-DUL-DUL76

 

DROPされたデータテーブルを含むテーブルフィルタをクリックすればいい、ほかのフィルタはどうでもいい。そしてSCANをクリックする。

 

PRM-DUL-DUL77

 

PRM-DUL-DUL78

 

生成したデータベースの名前をクリックし、右ボタンでscan tables from extentsを選んでください。

 

PRM-DUL-DUL79

 

PRM-DUL-DUL80

 

人工的にDATA_OBJECT_ID=82641のデータはDROPされたTORDERDETAIL_HISテーブルに該当し、DataBridge技術でモートのリポジトリに伝送する。

 

PRM-DUL-DUL81

 

PRM-DUL-DUL82

 

PRM-DUL-DUL83

 

Comment

*

沪ICP备14014813号

沪公网安备 31010802001379号