PRM-DUL UndeleteでDeleteされたOracleレコードrecord/rowsをリカバリする

有効な物理的/ロジカル バックアップがない場合に、Oracleでdelete誤操作が現れた時、flashbackあるいはlogminerログなどの技術でリカバリするのは一般的なやり方だが、多くの場合に、それらを応用しても、リカバリできない場合もある。

 

Delete操作に対して、Oracle底のデータブロックでrow piece記録は一般的にそのrow flagマークを削除されたとマークするだけ、後のINSERTの記録は削除されたとマークされたデータの構造を上書きする。

とにかく、これらのデータをリカバリできるかどうかはディスクにoracle blockの削除されたデータ行がクリンアップされたことによる。

クリンアップされた前のORACLE PRM-DULツールでこれらのデータをリカバリできる。具体的なステップは普通のデータディクショナリーモードとあまり相違がない。

PRM-DULを起動して、リカバリガイドとディクショナリーモードをクリックする。

 

 

prm-undelete1

prm-undelete2

 

 

 

prm-undelete4

prm-undelete5

 

すべてのoracleデータファイルを追加する。一時的なファイル、、TEMPFILE、UNDOデータファイル、制御ファイル、及びログファイルを追加する必要がない。

prm-undelete6

 

load ボタンをクリックして、PRMは自動的にデータディクショナリーをロードする。つまりbootstrap操作

 

prm-undelete7

ここで、PRMの左側にオブジェクトツリが現れる。リカバリしたいユーザーの該当するデータテーブルを選んで、オブジェクトを右クリックしてからunload deleted dataを選ぶ。

 

prm-undelete8

 

prm-undelete9

 

PRM-DUL は削除されたデータをリカバリ出来たら、そのデータをFile pathの位置に書き出す。例のデータリカバリ状況は以下の通り:

 

prm-undelete10

Comment

*

沪ICP备14014813号

沪公网安备 31010802001379号