RPM DUL ORACLE 壊されたASM Diskgroupからデータベースのデータを抽出する

D社はASM方法でフィルタシステムとRAWデバイスをかわったが、いま運用しているのは11.2.0.1バーションで、bugが多いので、ASM DISKGROUPディスくがMOUNTをロードできなくて、いろんな手を打ったが、なかなか効果が出ない。

 

このシーンで使えるのはPRMのASM Files Cloneフィルタコーピー機能です。この機能はダンメージを受けたASM Diskgroupからデータベースフィルタをコーピーできる。

1.インタフェースをオープンして、ToolsメニューコラムでASM File(s) Cloneを選んでください。:

 

PRM-DUL-DUL49

 

  1. ASM Disksに入って、SELECT…をクリックして、使用可能なASM Disksを追加する。例えば、/dev/asm-disk5(linux)。すべての使用可能なLUNを追加した後、ASM analyzeボタンをクリックしてください。

PRM-DUL-DUL50

 

PRM-DUL-DUL51

 

PRM-DUL-DUL52

 

ASM analyzeがDisk groupの中のフィルタとアドレス(File Extent Map)を見つけ出すために、指定されたASM Diskのディスクヘッダーを分析する。これらのデータは以後も使えるように、Derbyデータベースに記録される。ここで、PRMはASMあらゆるのMetadataを収集して分析して格納する。そして、いろいろな方法でPRMの基本的な機能を改善し、グラフの形式でユーザーに示す。

 

PRM-DUL-DUL53

 

ASM Analyzeが完成したら、PRMは探し出したASMのフィルタをリストにする。どれをコーピーする必要があるか、ユーザーが自分で決めて、コーピー先を指定することもできる。

PRM-DUL-DUL54

 

コーピー段階で、ASM Fileのコーピー進捗状況を示されて、完成したら、OKをクリックしてください。

 

PRM-DUL-DUL55

 

 

 

 

コーピー段階の進捗状況は以下のようにエクスポートする。

 

Preparing selected files… 

Cloning +DATA2/ASMDB1/DATAFILE/TBS2.256.839732369:

……………………..1024MB

………………………………..2048MB

………………………………..3072MB

………………………………….4096MB

………………………………..5120MB

………………………………….6144MB

……………………………….7168MB

…………………………………8192MB

…………………………………9216MB

…………………………………10240MB

…………………………………11264MB

…………………………………..12288MB

…………………………………….13312MB

…………………………….14336MB

……………………………………..15360MB

……………………………….16384MB

…………………………………17408MB

…………………………………18432MB

…………………………………………………………………………………………….19456MB

……………………………………

Cloned size for this file (in byte): 21475885056

 

Cloned successfully!

 

 

Cloning +DATA2/ASMDB1/ARCHIVELOG/2014_02_17/thread_1_seq_47.257.839732751:

……

Cloned size for this file (in byte): 29360128

 

Cloned successfully!

 

 

Cloning +DATA2/ASMDB1/ARCHIVELOG/2014_02_17/thread_1_seq_48.258.839732751:

……

Cloned size for this file (in byte): 1048576

 

Cloned successfully!

 

 

 

 

All selected files were cloned done.

 

 

 

Dbvあるいはrman validateコマンドによって、コーピーされたフィルタを確認できる。例えば:

rman target / 

 

RMAN> catalog datafilecopy ‘/home/oracle/asm_clone/TBS2.256.839732369.dbf’;

 

cataloged datafile copy

datafile copy file name=/home/oracle/asm_clone/TBS2.256.839732369.dbf RECID=2 STAMP=839750901

 

RMAN> validate datafilecopy ‘/home/oracle/asm_clone/TBS2.256.839732369.dbf’;

 

Starting validate at 17-FEB-14

using channel ORA_DISK_1

channel ORA_DISK_1: starting validation of datafile

channel ORA_DISK_1: including datafile copy of datafile 00016 in backup set

input file name=/home/oracle/asm_clone/TBS2.256.839732369.dbf

channel ORA_DISK_1: validation complete, elapsed time: 00:03:35

List of Datafile Copies

=======================

File Status Marked Corrupt Empty Blocks Blocks Examined High SCN

—- —— ————– ———— ————— ———-

16   OK     0              2621313      2621440         1945051

File Name: /home/oracle/asm_clone/TBS2.256.839732369.dbf

Block Type Blocks Failing Blocks Processed

———- ————– —————-

Data       0              0

Index      0              0

Other      0              127

 

Finished validate at 17-FEB-14

 

 

 

では’、 ASMLIBを使っているASM環境はどうやってPRMを使うでしょう。

 

簡単に言うと、asmlibについてのASM DISKはOSでll /dev/oracleasm/disksの形式で保存する、例えば:/dev/oracleasm/disksでのフィルタをPRM ASM DISKに追加してすればいい。

 

$ll /dev/oracleasm/diskstotal 0

brw-rw—-  1 oracle dba 8,  97 Apr 28 15:20 VOL001

brw-rw—-  1 oracle dba 8,  81 Apr 28 15:20 VOL002

brw-rw—-  1 oracle dba 8,  65 Apr 28 15:20 VOL003

brw-rw—-  1 oracle dba 8,  49 Apr 28 15:20 VOL004

brw-rw—-  1 oracle dba 8,  33 Apr 28 15:20 VOL005

brw-rw—-  1 oracle dba 8,  17 Apr 28 15:20 VOL006

brw-rw—-  1 oracle dba 8, 129 Apr 28 15:20 VOL007

brw-rw—-  1 oracle dba 8, 113 Apr 28 15:20 VOL008

 

 

/dev/oracleasm/disksでのフィルタをPRM ASM DISKに追加してください

Comment

*

沪ICP备14014813号

沪公网安备 31010802001379号