MySQL どうやってInnoDB情報を処理するか “Database page corruption on disk or a failed file read of page”

 

適用範囲:

MySQLサーバのバージョン4.0以上

この記事では、すべてのプラットフォームに適用する。

 

症状

MySQLサーバは以下の情報でシャットダウンする:

InnoDB: Database page corruption on disk or a failed

InnoDB: file read of page

 

原因

データを守るために、InnoDB使用テストはページと一緒にある。InnoDBがディスクから読み取るときに、各ページの合計を計算して、ディスクでロードした合計と比べる。数値に相違があったら、エラがあるかも知れない。InnoDBはMySQLサーバを閉じて、損害を防ぐ。

 

解决策

エラが起こった原因を見つけ出す

万能な解決策なんてはない。よくあるのはハードウェアトラブル。例えば:物理ディスクあるいはメモリートラブル、こわれたドライブ/コントローラー、オペレーションシステムのbug。次はアドバイス:

 

  • Linuxプラットフォームで,ときにはページメモリーをリセットしてトラブルを解決できる:

echo 2 > /proc/sys/vm/drop_caches

 

  • もしInnoDBが特定なページでシャットダウンすればいい、一番な原因は物理ディスクにトラブルがあった。OS ハードウェアにたいする詳しいディスク診断を実行してください。
  • シャットダウンがランダムで、同じクエリに繰り返さなければ、RAMトラブルかもしれないから:詳しいRAM診断を実行してください。
  • MySQLが閉められるときに、innochecksumツールでInnoDBファイルをチェックしてください。

 

どうやってリカバリするか

大事なのは、詳しいハードウェア診断を実行することで、トラブルが拡大することを避ける。もしオペレーションシステムI / Oメモリーはディスク損害の原因であれば、メモリーをリセットするあるいはオペレーションシステムを再起動するのはトラブルを解決できる。

Comment

*

沪ICP备14014813号

沪公网安备 31010802001379号